2020年の家庭菜園の様子03

前回の更新から2カ月経ってますが飽きずに続けるのがVer.2020!!

遅くなっても続けていきます。来年以降の生長状況の参考になりますから!!

さて、珍しくちゃんとブログが続きました。今年は秋口まで栽培の様子をアップし続けられるでしょうか? 関西地方は先日梅雨入りしましたが、...

↑前回に引き続きキュウリの様子から!

6月15日 キュウリの様子

植え替えてからは順調に成長しているようです。でも若干右側が小さい?

6月16日 キュウリの様子

枯れとるやないかーい!!!小さかった右側の苗が見事に枯れました…

今年はどうなってるんだ!流石に腹が立ったので、土を掘り返してカナブンだかコガネムシだかの幼虫を根こそぎ掘り出してやりました。ムキー!

6月17日 キュウリをまた植えなおし

今度は夏すずみって品種らしい。もうね、これしか残ってなかったよ…

6月20日 キュウリの様子

見よ!これが植え付け18日分の差だ!

6月21日 ミニトマト・ピーマンの様子

ミニトマトは収穫までに必要な温度ってのがありまして、積算温度っていうんですけど、毎日の平均気温を足していって1,000℃を越えるとミニトマトが収穫できるらしいです。

順調に色づいていますね。

ミニトマトは全体的にモジャモジャ。

ピーマンも順調に生長中。

とりあえず1個目のピーマン。

6月25日 キュウリの様子

左の方が23日経過したキュウリ。右は4日。

今度こそ枯れませんように…

6月28日 キュウリの様子

ついに!!ようやく今年最初のキュウリが出来た!苗が何回も枯れ、苦労した一本目w

7月5日 ミニトマトの様子

ミニトマトは順調そのもの。毎年さほど苦労もなく大量に収穫できます。適度な水やりと適度な発酵鶏糞(1~2週間に一回)。脇芽の芽かきは適当。日当たりが良いならマンションのベランダでプランター栽培も出来ます。プランターだと保水量が足らないので、毎日の水やりは欠かせませんが、高層マンションでも無ければ、受粉もミツバチなんかが勝手にしてくれます。

7月19日 ミニトマトの様子

ミニトマトを殆ど放置して育てていると、このようにジャングルになります。

風が強い日だとこのように茎が折れるので、面倒くさがらずに適宜支柱に結び付けましょう!

このころになると続々と収穫が始まる。

ということで、8月も終わりに近づいたので6月と7月の家庭菜園の様子でした(・∀・)

ミニトマトは、苗と土と肥料の費用を差し引いても、毎年確実に小売価格ベースで得になります。日当たりがあるならスーパーの特売よりもこっちの方が有利ですw

  • 苗300円×4本
  • 土300円×4袋
  • 肥料100円×1袋

適当に大目に見ても約2,500円。ミニトマト8パック分と変わりません。家庭菜園ビギナーにはミニトマトがオススメです。