義援金と支援金の違い

義援金と支援金の違いわかりますか?

義援金とは

全額が直接、被災者に現金で分配されます。(見舞金など)

支援金とは

各種団体、NPO、NGOの活動資金として使用されます。

義援金は全額が直接、被災者へ分配されるので、寄付する側としてもわかりやすい制度です。しかしながらデメリットもあり、被災者への配分は後日、義援金の配分額を決めるための委員会が各都道府県・市町村に設けられてからになります。時間が経ってから被災者の手元に届くので、即時性はありません。

=======================================

参考リンク:

義援金が被災された方に届くまで|義援金・救援金募集|日本赤十字社

宮城県災害義援金配分委員会について

義援金配布状況 – 内閣府

=======================================

義援金がどのように活用されたか?

現在どのような状況なのか?

という情報も、随時関連ホームページなどで公開されています。

支援金は、各種団体、NPO、NGOの活動資金として使用されますので、義援金と違い即時性があります。救援物資・復旧活動などに活用されます。団体によって活動内容に得意分野がありますので、寄付される際は自分が支援したい活動内容なのかを確認したほうが良いです。

また、NPO法人は、事業報告書や収支計算書などの書類を都道府県庁に提出することが義務付けられていますが、ホームページでの公開は義務付けられていないため、行われていないところも多いようです。規模が小さいところは、小回りも利くと思いますが、出来ることも限られます。その辺りの見極めも難しいところです。

テレビや新聞、企業が募金活動を行っていますが、集めたお金は日本赤十字や中央共同募金会へ渡されることが多いようです。

義援金にしても支援金にしても、そこで取り扱われるお金の管理には管理費が発生します。我々の普段からの寄付も各種団体の大切な活動資金です。無理の無い金額で定期的な支援も大切です。最近は、各種ポイント(携帯会社など)で寄付が出来る仕組みもありますので、用途が見つからない期限が切れるポイントがあれば積極的に活用しましょう。

=======================================

献血もおすすめ。

献血に行ってきた話

=======================================

リンク:

日本赤十字

赤い羽根共同募金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント