土鍋の目止め

土鍋土鍋

鍋料理がしたいので、土鍋をAmazonでポチりました。

 

土鍋の初期使用時には目止めと呼ばれる作業が必要です。

陶器である土鍋は、鍋の表面に無数の小さな穴があいており、

それを塞いで使用しないと煮汁が染み込んだり、匂いがつき易くなってしまいます。

 

米のとぎ水や小麦粉を使って目止めをする方法がネット上で紹介されていますが、

目止めを行うにはでんぷん質が薄すぎるため、効果が弱いそうです。

ですので、一番最初はおかゆを作ることをお勧めします。

 

方法は簡単。

土鍋の8割程度まで水を満たし、茶碗半分程度の炊いてあるご飯を入れて

弱火でぐつぐつ煮るだけです。

 

おかゆが完成したら、1時間ほど蓋をして放置した後におかゆを除きます。

もちろん食べられますので食べてください。

 

土鍋は保温力が非常に優れており、

遠赤外線効果でご飯もおいしく炊くことができます。

大変優秀な調理器具ですので、大事に使ってください。

 

 



コメントを残す

CAPTCHA